blog

解体現場にて

カメラロールを見返していたら面白い画像があったので、ブログにしてみました。

↑の写真はとある現場の解体工事の際に撮った写真です。これがなんだか分かりますか?

おそらく、建築関係の方であれば簡単すぎる問題かと思いますが、こちらの画像はアルミサッシを切断した断面です。アルミサッシは、アルミニウムで作られた窓枠のことを言います。皆さまがお住まいのお家にも使われていることが多いです!

普段生活している中では、四角に見えているので、中がこんなに複雑なつくりになっているなんて思わないですよね。建築はそういうところが多くて、壁もドアも、目に見えているものが中までぎっしり詰まっている訳では無かったりします。(もちろんケースバイケースです!)

代表の柴田は既製品のアルミサッシの雰囲気が好きではないとのことで、木や鉄で枠を作った窓をよく使います。ちょっとした材料の違いでその場の雰囲気ががらりと変わるので細かなこだわりは大切です。ただ、既製品ではない窓は防水の弱点になりやすいので、少し配慮が必要になります。

スタッフ中神